HPトップ≫免許証の秘密!

免許証番号の秘密!
クレジット契約の時になぜ免許証番号をローン会社に通知するのだろう?この番号で何が分かるの?と思った時に色々調べたらこんな事が分かりました!
免許証番号には12桁の番号が振られていて、更新しても、新しい車種の免許を取得しても、引越しをして住所が変わってもこの番号には変化はありません。
最初の2桁 初回に運転免許証を取得した都道府県の番号。北海道(10)、函館(11)、旭川(12)、釧路(13)、北見(14)、青森(20)、岩手(21)、宮城(22)、秋田(23)、山形(24)、福島(25)、東京(30)、茨城(40)、栃木(41)、群馬(42)、埼玉(43)、千葉(44)、神奈川(45)、新潟(46)、山梨(47)、長野(48)、静岡(49)、富山(50)、石川(51)、福井(52)、岐阜(53)、愛知(54)、三重(55)、滋賀(60)、京都(61)、大阪(62)、兵庫(63)、奈良(64)、和歌山(65)、鳥取(70)、島根(71)、岡山(72)、広島(73)、山口(74)、徳島(80)、香川(81)、愛媛(82)、高知(83)、福岡(90)、佐賀(91)、長崎(92)、熊本(93)、大分(94)、宮崎(95)、鹿児島(96)、沖縄(97)となっている。海外で最初に免許を取得した場合は最初の2桁が無い。
3〜4桁 初回に免許証を取得した年の西暦の下2桁。
5〜10桁 都道府県により基準が異なるようです。通し番号のところもあれば、ランダムに振り分けられる県もあるらしい。卒業した自動車学校や本試験の成績、運転適正の情報が暗号化して記入されていると言う話もあるがあまり根拠はなさそうです。警察の方に聞いても分からなかったです。
11桁目 色々な説があるようですが偽造防止等の役割を持ったチェックデジット計算式らしい、『@×5+A×4+B×3+C×2+D×7+E×6+F×5+G×4+H×3+I×2を11で割って、この余りの数字を11から引いた値の下一桁』つまり結果が11であれば1、10であれば0となる『モジュラス11ウェイト』と呼ばれるらしい、でも私は当てはまらなかった??ホントかな?
最後の1桁 12桁目は紛失&汚損等に伴う再交付の回数。再交付していなければ0ですが、紛失等で再交付するたびに1→2→3と上がっていく。10回なくすと0になるかどうかは、さすがに身近に経験者がいませんので不明です。経験された事がある方は教えて!
12桁目が重要でクレッジット契約などの場合に免許証番号を通知しますが、12桁目の番号の高い人ほど『毎月のクレジット料金の延滞や支払い不納者の確率が高い』と言うデータがあるようです。
『免許取り消し』後に新たに免許を取得すると番号は変わりますがこの場合でも『旧免許証番号との結合登録』となり違反前歴などは継続して引き継がれるようです。

ページ検索で訪問された方はこちらからどうぞ!